より身近な場所の浸水を知らせ、人的被害や家財への被害を最小限に抑える

亀岡電子は、浸水を検知するとLINEで通知し、地図上で浸水地点を見える化するセルラー通信式浸水検知センサ「KAMEKER 3(カメカー3)」を販売する。京都府福知山市で実施した市民へのヒアリング調査により把握したニーズから、河川ではなく、冠水しやすい道路や住宅近くの水路など、住民にとってより身近な場所の浸水を知らせ、人的被害や家財への被害を最小限に抑える「シンプルで安価なツール」として開発したもの。

ユーザーが浸水を検知したいポイントに同センサを固定し、センサが浸水を検知するとLINEで浸水検知情報を通知する。LINEメッセージに添付されているURLをクリックすると「浸水アラートマップ」が開き、赤色でマッピングされた浸水地点がひと目で分かる仕組み。センサの登録は、マップ上から浸水通知を受けたいセンサをタップし、通知ONにすることで可能となる。

「センサ管理画面」では、センサの設置位置情報の変更、センサ名の変更、浸水時のLINE通知メッセージの編集、テスト通知モードへの切替、浸水検知履歴のログデータ出力、任意のLINE通知メッセージの作成・送信などの詳細設定が行える。

同製品は、乾電池式、セルラー通信式を採用するため、電源引込工事やネットワーク配線工事が不要。市販の単三電池3本、単四電池2本で2年以上稼働する。コスト面では、危機管理型水位計の10分の1程度で導入可能。通信費+アプリ利用料も500円/月以下に抑えられる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部