約0.2秒で測定可能。測定対象に滞在負担をかけず、効率的に非接触で検温できる

ダイワ通信は、熱電対センサー内蔵の温度測定モジュールを搭載した非接触型AI温度測定機能付き顔認証端末「Face Four mini(フェイスフォーミニ)」(2021年4月上旬リリース予定)を販売する。昨年3月に発売した「Face Four」のシンプルモデルで、スタンドアロン運用で検温を実施したいユーザーに向けて提案する。

同製品は、高精度の温度測定機能を維持しつつ、「温度検知」と「マスク検知」の2つの機能のみに絞り、サイズも小型化したことでコストダウンを実現。飲食店や小売店にも設置しやすく、感染症水際対策としてすぐに活用できる。約0.2秒で測定可能なため、測定対象者に滞在負担をかけることなく、効率的に非接触で検温できる。

同製品の測定範囲は摂氏30度~45度、測定精度/偏差は、0.1度/±0.3度。測定距離は0.2~1メートル。動作環境は、屋内・無風の場合で摂氏15度~30度。電源はDC12ボルト。液晶表示の寸法は4インチ。体温測定部を除く本体寸法は88×33×175ミリメートル。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部