東日本大震災の経験から、災害発生時にいち早く衣類を届けられる仕組みを構築する

アパレルブランド事業や医療用ガウン・マスク生産などを手がけるワールドは、災害時に被災者が必要とするTシャツ、靴下、タオルなどにポリジン社の抗菌・抗ウイルス加工を施した、清潔さが続く衣類のエマージェンシーキット『 IRUI(イルイ) 』を被災地へ届けるプロジェクトをクラウドファンディングで展開する。

同プロジェクトは、東日本大震災で衣類などの物資が被災者の元に届くまでに時間がかかった経験から、最低限必要な衣類をスピーディーに届け、不衛生な環境や洗濯が出来ないストレスなどを少しでも軽減することを目指すもの。ポリジン社のパートナー企業である昭和西川、ナイガイ、ボンマックスの3社と生産、供給を分担し、調達した支援金でキットの各アイテムをパートナーから購入。発案者である陸前髙田市のボンマックスアパレルが取りまとめて全国の自治体・賛同企業などへ寄付する。

キットの内容は、Tシャツ・ショーツ・靴下・タオル・マスク・防災用スリッパの6点。全商品にポリジン社の抗菌防臭加工「Polygiene BioStatic( ポリジン・バイオスタティック)」が施されるほか、マスクには抗ウイルス加工「PolygieneViralOff(ポリジン・バイラルオフ)」が施される。サイズは、男性用(フリー)・女性用(フリー)の2サイズ。備蓄の際、場所をとらないようコンパクトな圧縮パックでの納品を予定する。また、同キットには、相田みつをさんの詩(ポストカード)1点も添えて提供する。

第1回の目標額は500万円。1250セット分を想定する。8月2日23時までクラウドファンディングサイト「「READYFOR(レディーフォー)」で募集し、各社で生産後、10月中旬に納品する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部