従業員のプライバシーを保護した上で、不正検知時に管理者に対して通報メールを発報する

シンプレクスは、在宅勤務・在宅コールセンターにおける情報セキュリティの強化に取り組む幅広い業界を対象として、盗撮、なりすまし、覗き見から企業の情報を守るリモートワークAIソリューション「Deep Percept for remote work(ディープパーセプト・フォー・リモートワーク)」を販売する。ノートPCに付属するWEBカメラで撮影した情報をAIエンジンで分析することにより、円滑な業務モニタリングを実施しながら、情報漏えい防止に寄与するもの。

同サービスでは、同社のグループ企業であるDeep PerceptのAIエンジンを活用し、従業員や第三者によるスマホやカメラ等を用いた業務画面の「盗撮検知」、第三者による「なりすまし検知」や「覗き見検知」に対応する。不在判定にも利用できる端末利用者の「本人チェック機能」も搭載する。

また、不正検知時の「WEBカメラ映像」に加えて、従業員の利用端末に表示されていた「業務画面のスクリーンショット画像」を含む不正データを記録。従業員のプライバシーを保護した上で、不正検知時に管理者に対して通報メールを発報する。さらに、不正検知時に従業員の利用端末に対して、警告、フィルター発動、画面ロックなどの表示制御を設定できる。

そのほか、社内利用時の検知対象を「盗撮検知」のみとするなど、目的用途に応じた検知が可能。「WEBカメラ映像」の記録有無、「業務画面のスクリーンショット画像」の記録有無、「管理者への通報」の有無などを細かく設定できる。仮想カメラ技術の活用により、テレビ会議中においても不正検知が可能。

同サービスは、マルチテナント方式での提供により、最短1カ月の短期間から導入できる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部