表面は耐水圧性と超撥水性、裏面は水へのなじみやすさを兼備

メッシュを活用したアイデア製品を開発するtantore(タントレー)は、ブルーシートの21倍以上の耐水圧性を持ち、撥水性、引張強度、引裂強度に優れた新世代浸水対策用シート「超強力台風防水シート」を販売する。

同製品は、世界最小という0.01マイクロ(10ナノ)のメッシュフィルターに特殊コーティングを施し、表面に耐水圧性と超撥水性、裏面には水へのなじみやすさを備えた防水シート。水圧が掛かると設置面に隙間なくピッタリとシートが入り込んで浸水を防ぐ。昨年5月に試験的に販売したところ、公共事業で利用されるなど好評を得たことから、超撥水コーティングを2回行い、強度を3倍にグレードアップして新たに提供する。

設置方法は、設置面に防水シートを貼り、防水テープ等で貼り付ければ完了。土嚢のように土を袋につめて運ぶ必要がなく、女性や高齢者も時短でスマートに防水対策を行える。繰り返しの利用も可能。

製品サイズは、幅146センチメートル×長さ1~48メートルまでのカット販売に対応。製品カラーは、全面白色に加え、汚れが目立ちにくい黒色(裏面)も用意する。価格は4950円(税込)~。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部