見過ごされがちな機器のリスクを洗い出し、ネットワーク内のセキュリティ対策を可能にする

IoTセキュリティサービスを提供するゼロゼロワンは、企業や大学、特に高いセキュリティレベルが求められる官公庁や重要インフラ、工場等において、セキュリティリスクを抱えたIoT機器や、持ち込まれた管理外のIoT機器を可視化し、組織内の安全性向上を支援する「内部ネットワークのIoT機器セキュリティ評価サービス」を提供する。

同サービスでは、客のネットワーク状況について調査を行った上で、調査機器を設置し、安全な通信経路(VPN)を用いて同社のサーバと接続。調査機器が収集した情報と同社独自のセキュリティ情報とを突合することで、セキュリティリスクとなり得るIoT機器を可視化する。調査期間は2週間。調査結果については報告書で報告する。希望に応じてコンサルタントによる報告会をオプションで実施する。

調査機器の設置については、客のネットワークについてヒアリングを行った上で接続する箇所を選定する。ネットワーク構成によっては、複数の調査機器を設置したり、複数回調査を行ったりすることがある。調査終了後、調査機器は回収する。サービス提供価格は、1ネットワークあたり75万円(税別)〜。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部