タンク1杯は約12リットル。高性能を維持しつつコンパクトな製品を実現

ミヤサカ工業は、マンション・オフィス・一般住宅向けの非常用浄水器「コッくん飲めるゾウ スリム」を販売する。2015年9月の関東・東北豪雨を受け、災害などによる断水時に飲料水や生活水を確保するために開発した非常用浄水器「飲めるゾウ」を基に、 “あらゆる空間にフィットする”をコンセプトとして新たに開発したもの。

同商品は、幅15センチメートルのコンパクトさで、ちょっとした隙間に収納可能。浄水能力は1時間に最大約300リットル。タンク1杯が約12リットルで、家族1日分の飲料水を確保できる。使い方は、付属のポンプで軽く圧力をかけてコックのツマミを開くだけ。専用シャワー(別売り)を使うことで、断水時に自宅でシャワーができる。非常時だけでなくキャンプや海水浴などでも使用できる。

サイズは幅150×奥行306×高さ430ミリメートル。参考価格は3万8280円(税込)。別売り専用シャワーは3300円(同)。同商品は、「第3回防災グッズ大賞 サバイバル部門優秀賞」「防災・防疫製品大賞2021 復興支援部門優秀賞」を受賞している。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部