ゲリラ豪雨や台風による水害・浸水被害から会社の資産を守る

安全衛生機器などの企画・販売を手がけるサンリョウは、水害・浸水対策システム止水シート「GENTI SANWRAP(ゲンチ・サンラップ)」のシリーズ商品として、止水高700~2000ミリメートルに対応した「高水位シリーズ」を販売する。水の自重と水圧によって地面と構造物に密着し、シート先端部に重り(まくら土のう)を設置することで固定して浸水を止めるもの。「中水位シリーズ」(止水高100~700ミリメートル)とともに止水高と幅の自由度を高めることで、建物への水害・浸水被害対策を支援する。

同商品は、様々な建物の形状に合わせて自由設計・自由設置が可能。止水高は100ミリメートルから最大2000ミリメートルの間で調整でき、止水幅は各パーツをファスナー接続で組み合わせることにより延長できる。設置作業は、シートを壁面にテープで貼り付けていくだけで、大がかりな作業は不要。軽量で持ち運びが楽なことから、少人数(2人)で簡単に設置できる。両サイドに折りたたむことができるため、事前設置でも出入りや業務の妨げにならない。

開口扉専用の「D2400」の寸法は、横幅1200×縦2300ミリメートル×2枚。重量は520グラム。厚みは約0.1ミリメートル。素材はナイロン。

そのほか、開口扉専用「D1200」、延長用「W」、延長用「S」、コーナー用「K」を展開する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部