市販のダブルクリップを使用して、一人でも容易に設置可能

UACJの連結子会社であるUACJ押出加工は、豪雨時の浸水を防ぐ止水板「水用心」を販売する。同社がトラックのアオリ材の製造過程で用いる、押出の形状でつなぎ目をずれにくくする技術などを応用し、簡易で効果的な止水手段のニーズに応えて商品化したもの。標準的モデルを対象に300セット限定で3月末まで販売し、顧客価値や事業性を確認したのち、4月から個人・法人を対象に本格的に発売する。受注生産となる。

同製品は、土嚢不要で軽く、市販のダブルクリップを使用して一人でも容易に設置できる。建物の開口部、ドアなどの出入り口に設置可能。サイズは、幅2000×高さ550または350×厚さ33ミリメートル。重量は、高さ550ミリメートルの場合で約14キログラム。主要部材は、止水板・支柱がアルミニウム合金、ゴムパッキンがEPDMゴム発泡体。1時間・平米あたりの漏水量は20リットル以下。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部