リスク対策.com

Twitter Facebook RSS

BCPリーダーズ2020年7月号

BCPリーダーズ2020年7月号

「複合災害」に備えろ

想定外に負けない組織とBCP

 

出水期に入った日本列島。毎年激甚化する台風・豪雨に加え、各地で頻発する地震も心配です。人口減と高齢化により、ただでさえ地域防災力が減衰しているところに、新型コロナ感染症が追い打ちをかました。「複合災害」の時代、企業・組織の危機管理力が問われています。

 

本特集では数多の災害を乗り越えて得た教訓を生かし、コロナ禍さえも「追い風」にして、避難や初動、復旧にかかる防災体制を改革する企業・組織の事例を紹介。また企業が今後力を入れようとしている重点対策を、独自アンケート調査から分析しています。自治体の感染対策が人の行動に与える影響を定量評価する手法についても解説しました。

 

 

Contents

巻頭インタビュー
コロナ禍から見えてきた課題と強化すべきポイント

鈴与危機管理室室長 後藤大輔氏

 

事例
ウイズコロナの災害対応
 

01
タテ割の垣根越えた連携・ネットワークで備える
減少する「守り手」 地域防災の危機に次の一手

(株)深松組/(一社)仙台建設業協会/杜の都建設協同組合

02
コロナ禍は避難所の環境を改善する好機
初動体制も見直し 長年の課題今こそ改革

熊本県益城町

TOPICS
濃厚接触者らの受入に「保健避難所」を開設

熊本県熊本市

 

分析 ANALYSIS
第2波への備え進む
新型コロナなどによる危機管理計画見直しに関するアンケート調査

リスク対策.com

 

インタビュー INTERVIEW
データから読み解く自治体施策の効果
オックスフォード大の手法を応用し、影響力を可視化して評価

名古屋工業大学特任研究員 青山友美氏

 

※デジタルコンテンツ(PDF)として販売しております。下記のECサイトからご購入ください。https://bcp.official.ec/items/31149639