東京全体が停電に陥ったとしても、まったく影響を受けないだろう地区がある。六本木ヒルズだ。大 規模なガスコージェネレーションを利用し、 必要な電力はすべて独自の発電施設で賄っている。一方、 その中にオフィスを持つ外資系金融機関のバークレイズは、今、停電対策に特に力を入れている。両社の取り組みを取材した。

六本木ヒルズは、森ビル株式会社と東京ガス株式会社がつくった合弁会社である六本木エネルギー サービス株式会社が、大規模コージェネレーションシステムによって、森タワーをはじめとする地域内 のほぼすべての施設に必要な電気と熱を供給してい る(下図) 。  

森タワーの地下には、6台のガスタービンエンジ ンが備え付けられており、ここで中圧ガスを燃料に 発電し、さらに、発生する排熱を地域の冷暖房に活 用しているのだ。

発電能力は、施設全体の電気使用量(夏のピーク で約2万 5000 キロワット)を軽く上回る3万 6000 キロワット。1台の発電機が点検などで使えなくな ることを考慮し、平時は5台ですべての電力を賄っ ている。 昨年の政府による電力使用制限の期間中は、 発電した電気のうち、余剰電力 4000 キロワット∼ 5000 キロワットを東京電力に対して供給した (4000 キロワットは一般家庭の 1100 世帯分に相当) 。  

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方