中国は日本と比べものにならないくらい広大で多民族な国です

■広大で多民族な中国

まず、最初にお断りしておきたいことがあります。簡単に中国大陸に住んでいる人々を十把一絡げで「中国人」と呼ぶのは大変危険です。

なぜなら、広大な土地には13億人以上も住んでいますので、同じアジア人でも「日本人」とか「韓国人」と呼んだ場合とそのくくりの範囲の大きさが違いすぎて、同レベルで語ることはできないことは筆者本人がよく分かっております。従って、本来は上記のような言い方は好きではないのですが、一般的に中国語を話し中国大陸に住んでいる人々をそのように呼んでいるという前提での話ですので、何卒ご了承ください。

中国には56の民族があり、現行の地理大区は中国全土を東北、華北、華東、中南、西南、西北の6つに区分し、台湾省を含む23の省、5つの自治区、4つの直轄市、および2つの特別行政区から成っています。面積は、963万4057平方キロ(世界第3位)と、日本の約25倍の面積を持っていますので簡単に比較できるものではないこと、日本人の感覚では到底理解できない社会であることはご理解お願いします。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方