メール経由で感染拡大

「Emotet」(エモテット)と呼ばれるウイルスへの感染を狙うメールが、国内の企業・組織へ広く着信しています。業務上開封してしまいそうな巧妙な文面となっている場合があり、注意が必要です。

Emotet は、送られてきたメールに添付されたファイルを開くと感染し、パソコン内に保存されている知人や取引先等のメールアドレスを盗み出し、盗み出したメールアドレス宛にも同様の偽メールを自動的に送りつけます。

このようにEmotetは、受信者が過去にメールのやり取りしたことのある実在の相手の氏名、メールアドレス、メールの内容等を流用して返信を装ってウイルスを送り付けます。

下図は、A氏(メール受信者)へのEmotet感染を狙うメールの例です。

写真を拡大 Emotetへの感染を狙う攻撃メールの例(出典:独立行政法人 情報処理推進機構(IPA) https://www.ipa.go.jp/
ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方