自然災害・原発・産業事故などに対応
世界に誇る災害対応ロボット

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月20日、人間が入り込めない過酷な災害現場で災害状況の把握や機材の運搬、復旧活動を行うためのロボット技術を千葉工業大学・芝園キャンパス内の共同研究施設で公開した。

東日本大震災を受け、2011年度から「災害対応無人化システム研究開発プロジェクト」として取り組んできたもので、遠隔移動、通信、ガンマカメラ、汚染マッピングなどの機能を持ったロボットのデモンストレーションを行った。いずれも、自然災害や原子力災害、産業施設全般の事故や災害などを想定して開発されたもの。


ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方