写真を拡大 災害が発生したら、時系列でとるべき行動を通知してくれる
 
 

ITと防災を軸にしたビジネスを展開するアールシーソリューションは、2010年にサービスを開始した一般向け緊急地震速報アプリ「ゆれくるコール」を全面リニューアルし、総合防災アプリ「PREP(プレップ)」として提供する。8月25日にiOS版を先行リリースした。

新アプリは、「ゆれくるコール」の「緊急地震速報」、「地震一覧」、「震度マップ」など各種機能に加え、新たな機能として、地震・津波・台風・大雨・噴火などの災害情報・避難情報に対応し、現在地に応じたリアルタイムな情報提供を行う「ライブ」機能や、最大24時間先までの警報・注意報を表示する「タイムライン機能」を搭載する。

また、災害発生時の行動の検討や避難場所・防災用品の登録など、防災計画を立てられる「プラン」機能、大規模災害が予想される場合に「アクション」画面が自動起動し、事前に登録した情報に応じて避難のガイダンスを表示する「アクション」機能も搭載する。ファミリープラン(有料)に登録すると、事前に検討した防災計画を家族と共有し、災害発生時に「チーム」画面から安否情報を確認することも可能になる。

料金プランは、「無料版」のほか、「プレミアムプラン」が月額120円(初回1カ月無料)、「ファミリープラン」が同360円。なお、「ゆれくるコール」のプレミアムプランは、「PREP」のプレミアムプランに自動的に引き継がれる。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部