画面でシナリオを提示したイメージ。SMCのデジタルツイン構築で製造プロセス改善を支援する

日立ソリューションズは、サプライチェーンのデジタルツインを構築し、製造プロセスの改善を支援するクラウドサービス「グローバルSCMシミュレーションサービス」を提供する。

サプライチェーンがグローバルに広がるなか、新型コロナウイルスの感染拡大のように予測できない要因による生産、販売、流通網の停止・遅延など製造プロセスへの甚大な影響、また為替変動や自由貿易協定(FTA)による関税率の変化による業績への影響といったリスクに対応し、事業計画の見直しと製造プロセスの最適化を迅速に実行できるよう支援するもの。

同サービスでは、客が設定した売上や利益などの目標値を実現するために、生産・販売計画、物流拠点の統廃合、生産拠点の新設など多様な目的で、最適な生産拠点や生産量、販売量、トータルコストなどをシミュレーションできる。設備や需要、輸送、為替・関税などの情報と、IoT機器からリアルタイムに取得できる設備稼働時間や生産量、作業員の作業実績、消費電力などのデータから数理的最適化手法で算出し、帳票や画面で複数のシナリオの目標値の達成状況を提示する。

活用事例は、(1)需要量の変動に応じた生産・販売計画、利益・キャッシュフローのシミュレーション、(2)働き方改革に伴う、物流拠点の統廃合のシミュレーション、(3)新たに参入する地域での生産拠点、調達経路のシミュレーション、など。

提供価格は個別見積となる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部