子機を親機から分離してポータブル電源として利用できる

NTTアドバンステクノロジは、自然災害や感染症など複合的なリスクがある中で、避難時の快適性向上とソーシャルディスタンス確保の課題に対応するリチウムイオン蓄電池「非常用電源ステーション」を販売する。

同製品は、避難時に必要不可欠となる電源に着目し、避難所を利用する被災者に個別配布できるポータブル子機電源により、ソーシャルディスタンスを保ったまま電源の利用を可能にするもの。親機電池の充電を繰り返すことで、継続的に子機を利用できる。感染拡大の防止とともに、熱中症予防や寒さ対策など避難生活の快適性を向上させ、被災者の皆様の安心・安全に貢献する。

子機を親機から分離して利用する際、電気コードの配線は不要。また、子機を充電するために親機に内蔵されている電池も、取り外し、別の場所に持ち運んで充電できる。親機の電池の重量は約25キログラム。親機1台に対して子機は5台単位で最大30台まで専用ラックに収容可能。

子機は、標準装備のLED照明機能により、停電時でも夜間に手元を照らす灯りなどに利用できる。子機からの給電により、ファンやヒーターなどのUSB機器と内蔵のLED照明機器が12時間動作(1機器の使用時)、スマートフォンは3台を満充電にできる。

親機の内蔵電池容量は5.0キロワットアワー。出力(外部出力電圧)はAC100ボルト。外径寸法は幅600×奥行き600×高さ680ミリメートル(キャスター含む)。重量は90キログラム。

子機の内蔵電池容量は112ワットアワー。出力はUSB×4ポート。外形寸法は幅95×奥行き95×高さ275ミリメートル(把手含む)。重量は2キログラム。子機用ラックの外径寸法は幅600×奥行き600×高さ130ミリメートル。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部