ベスト背面の生地と肩腕ゴムベルトがアシスト機能を発揮する

ダイヤ工業は、工事現場での人力掘削作業の負荷低減を図る目的で清水建設と共同開発したアシストスーツ「ワーキングアシストAS」を販売する。埋設物があり自動化が難しい掘削作業のある建設現場や道路舗装の工事現場等、スコップを使った掘削作業者を対象に販売を行うほか、豪雪地帯での雪かき作業や、夏場の草刈り作業などでの活用も提案するもの。

同製品は、医療用サポーターの技術を応用した汎用性の高いアシストスーツ。ベスト型で、胸廻りと腰回りのベルトを締めるだけで簡単に装着できる。重量は約500グラムと電動タイプに比べて非常に軽量なものとなっている。

アシスト機能を発揮する部位は、ゴム製のベスト背面の生地と、利き腕の肩と反対の二の腕を背面で結ぶ肩腕ゴムベルト。作業員が前かがみの掘削姿勢をとり、スコップで土砂をすくおうとすると背面の生地と肩腕ベルトが伸び、逆に土砂をすくい上げる際には両方の生地が縮もうとすることでアシスト力を発揮し、作業負荷を軽減する。

腰回りのベルトは、腰を固定できるコルセット機能も備えており、作業姿勢を安定させて腰痛の発生を防止する。熱中症予防のため、全体をメッシュ素材とすることで通気性を高めたほか、脇下にはアイシングセル(別売り)を入れる保冷剤ポケットも備える。

同製品は、基本仕様をベスト1着と肩腕ゴムベルト2本のセットとし、両腕で行う重量物の持ち運び作業の負荷軽減にも対応する。サイズは、XL、L、Mの3つを用意する。定価は3万3000円(税込)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部