本講座は、「分かりづらい気象情報」を、災害対策に使える「役立つ気象情報」にするための基礎的な知識を習得することを目的としています。

当局などが発表する気象情報(数値)から、危険度をつかみとり、どのような行動をとるべきかを導き出す方法・考え方をわかりやすく解説します。防災担当者として必ず身につけておきたいスキルです。

講師はオランダ在住で、気象予報士の渡邉俊幸氏(気象とコミュニケーションデザイン代表)です。

 

「分かりづらい気象情報」を「役立つ気象情報」に

講師

【講師】

渡邉俊幸氏

気象とコミュニケーションデザイン代表

 

 

 

 



2001年より愛知県旧西枇杷島町の防災担当として災害対策に従事。2005年に民間気象会社に移り、情報を伝える側として全国の自治体などに向けて防災気象情報を提供。その後、民間シンクタンクを経て、2013年よりオーストラリア・クイーンズランド大学院修士課程にて気象情報の利用に関する研究を進める。2014年から水害対策で世界の先端を行くオランダに拠点を移し、気象情報の利用や水害対策についてコンサルティングを行う気象とコミュニケーションデザインを設立。2017年から2018年にかけて、世界銀行の防災分野のシニアコンサルタントとしてエチオピア政府を対象としたプロジェクトにも参画。国際基督教大学卒業。1977年、愛知県生まれ。

内容

第1回 雨量が分かると危機が読める
第2回 洪水リスクや土砂災害リスクの調べ方と避難
第3回 台風や豪雨が見込まれるときに出る情報(1)
第4回 台風や豪雨が見込まれるときに出る情報(2)
第5回 気象レーダーや水位の情報で過去・現在・目先を読む

目標

「分かりづらい気象情報」を、災害対策に使える「役立つ気象情報」にするための基礎的な知識の習得

受講料

●通常オンライン受講(90日間視聴可能) 22,000円 (税込)
※自動更新はございません。1回のみのお支払いとなります。
※リスク対策.PRO会員は無料で利用できます。