簡単な取り付けで設置でき、メンテナンス費用はかからない。稼動用電源も不要。

KEI JAPANは、密閉空間内の消火に使用でき、”初期火災10秒以内に鎮火”、”メンテナンス不要”、”電源不要”といった特徴を備えるチューブ型消火装置「Fire zero-t」を販売する。防災製品等推奨品認証取得の製品。

同製品は、チューブに熱感知ポリマーを使用することで、およそ100℃ (±10℃ 以内)になるとチューブ内の消火剤が圧力を上げて瞬間的に放出・スプレーされ、10秒以内に初期火災を鎮火する。A・B・C級火災に対応し、配電盤、制御盤、サーバラックなど、閉鎖空間内の消火にも効果を発揮する。

消火剤には、瞬間冷却効果と酸素を遮断する、安定的で強力な不活性消火薬剤を使用。人体に無害な消火薬剤で、真空工程で消火剤を封入することで、封入消火剤の不純物はゼロ。鎮火後の消火剤残滓もゼロとなる。

同製品は、簡単な取り付けで設置可能。メンテナンス費用はかからない(保証期間は5年間)。稼動用電源も不要。

製品ラインナップは、消火範囲0.03立方メートルの「Firezero-T30」(直径16×長さ200ミリメートル、重量70グラム)をはじめ、消火範囲に応じて「Firezero-T50」、「Firezero-T100」、「Firezero-T200」、「Firezero-T500」、「Firezero-T1000」の全6モデルを展開する。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部