半分は防災備蓄品の倉庫として、残り半分は地域のコミュニティスペースとして活用できる

ヴィガラクスは、太陽光パネル・大型蓄電池付きマルチユースコンテナ施設「ソーラーシェルター」の「フェーズフリーVer.」を販売する。耐久性・居住性に優れた建築用コンテナに、太陽光発電システムと蓄電機能を搭載した電力供給ステーションで、平時は地域のコミュニティスペースとして活用できるように設計したもの。

「ソーラーシェルター」は、発電・蓄電機能を搭載することで、送電線や電源がない場所への設置に対応するほか、防災備蓄倉庫や停電時の非常用電気設備など、災害時施設として力を発揮する。新たな「フェーズフリーVer.」では、コンテナ内を半分に区切り、半分を防災備蓄品の倉庫として、残り半分を会議室やスポーツチームのクラブハウスなど、平時における地域のコミュニティスペースとして活用できるようにした。

また、同社の地域コミュニティ活性化サービス「OnlineCAS(オンラインキャス)」を導入し、様々な生活ニーズに応えるオンライン対面サービス拠点として活用することも提案する。

コンテナの寸法は、長さ6058×幅2438×高さ2896ミリメートル。バッテリーは、パイロンテック社製・容量7.2キロワット。パワコンは、グローワット社製・3.0キロワット。ソーラーパネルは、375ワット×9枚(計3.375キロワット)。搭載される設備は、LED照明、電源コンセント、外部電源コンセント、遠隔監視システム。販売価格は660万円(税別)~。国内輸送費用・設置工事費用は別途必要。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部