BSIによる組織のレジリエンスのベンチマーキング例(出典:BSI / Organizational Resilience Index Report 2018)

かつて本連載で、BSI(英国規格協会)が開発した組織レジリエンスの評価指標「Organizational Resilience Index」と、その指標を用いて行った調査結果の報告書『BSI Organizational Resilience Index Report 2017』を紹介したが、2018年11月にその2018年版が発表された。本稿ではこれを2017版からの変更点に特に注目して紹介する。必要に応じて2017版の報告書と、これを紹介させていただいた拙稿(注1)をあわせてお読みいただければ幸いである。

調査はオーストラリア、中国、インド、日本、英国、アイルランド、米国の企業の経営層808人を対象として、オンラインおよび電話インタビューによって行われている。BSIの「Organizational Resilience Index」は本稿のトップにある図に示されている16の要素で構成されており、調査ではこれらの要素に対してどのくらい重要だと認識しているか(重要性)、どのくらい良好な状態だと認識しているか(パフォーマンス)を尋ねた結果がまとめられている。

まず図1は前回と今回の調査結果の全体的な比較である。全体の平均(overall)の他に、16の要素を4つのカテゴリー(リーダーシップ/人々/プロセス/製品)に分けた上で、カテゴリーごとの平均の比較も示されている。どのカテゴリーにおいても全体的に重要性とパフォーマンスとのいずれも向上していることがわかる。

図1.2017 年版と 2018 年版との間の比較(出典:BSI / Organizational Resilience Index Report 2018)

本報告書における説明によると、特に「レピュテーションに関するリスク」、「財務管理」、「ビジョンと目的」、「情報と知識のマネジメント」の4つの指標について、パフォーマンスが明らかに向上したという。本報告書では個々の要素がどのように変化したかを各カテゴリーごとに分けて示された図も掲載されているので、合わせて参照されたい。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方