中国の危機管理市場が急拡大している。経済成長に伴い、危機管理に対する政府、企業、市民の意識が高まったことに加え、四川大地震、青海省地震など相次ぐ巨大災害に、国を挙げて防災力を高める動きが市場を牽引(けんいん)する。重慶市では国家レベルのプロジェクトとして、先進的な防災・危機管理製品を生産する工場団地が誕生した。

危機管理産業の育成に巨大工業団地

中国の内陸部で急成長を続ける重慶市で、危機管理に関する最先端の製品、人材を生み出す国家レベルの工業団地「中国西部安全(応急)産業基地」を建設するプロジェクトが始まっている。国内外の企業や専門家などから高い知識や技術を集結し、それをもとにさまざまな製品を開発。同時にその製品が国内全域に普及するよう市や国が支援する。製品開発のための費用は必要に応じて投資グループが出資する。

長江上流の四川盆地の東に位置する重慶市は、1997年に北京、上海、天津に次ぐ直轄地に昇格した。人口は3200万人で、北京、上海、天津、広州と並ぶ中国5大中心都市の1つで、重工業が盛んな地域として知られる。 

市の総面積は8.24万平方キロメートルで北海道を一回り上回るほどの広さ。土地の70%は山、20%が河川や湖、残り10%が平らな土地であることから、中国では「山城」(山の都市)とも呼ばれている。市の中心部では、嘉陵江と長江が合流し、古くから水運が発達し、現在は、高速道路網や鉄道、空港も整備され、陸上、水上、航空それぞれの物流が市の産業を支える。 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方