オリ ンピック対策で導入する企業も

連携や調整力を向上させる訓練の増加に伴い注目を集めているソフトがある。 スウェーデンに本社を持つ 4C Strategies が開発した EXONAUT だ オリンピック対策として同ソフトを取り入れ訓練をする企業も増えている。

イギリスの危機管理で必ず聞く言葉がある。ゴールド、シルバー、ブロンズだ。ゴールドとは経営層など組織全 体の意思決定に関わる人のことを指す。 シルバーは、部門の責任者、そしてブ ロンズが実務担当者だ。  

実際に危機が発生した場合には、ブロンズが情報を収集・整理し、シルバーに報告する。シルバーはその情報にもとづきブロンズに指示を出し、結果をゴールドにあげる。ゴールドは全体の調整をしながらシルバーに指示を出し、 組織全体の舵を取る。  

当然、それぞれの階層別に求められる能力は変わってくる。ブロンズなら 情報の収集・整理能力、シルバーはコミュニケーションとリーダーシップ、 ゴールドはコミュニケーションとより 高度なリーダーシップ、さらには先々までを見越した意思決定能力など。  

4C Strategies が提供する EXONAUT は、こうした各階層のスキルや全体の調整力を高めるための訓練支援ソフトだ。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方