先日、台風19号の際、テレビを見ていてハッと気付いたことがありました。ある病院が停電となり、ベッドのリクライニングが電動であったために患者に食事を食べさせるのがとても困ったというのです。ベッドが食事用に戻らないというハプニングです。私は早速「停電、ガス、水道停止という設定で模擬訓練」を自宅で試みることを思いつき、2日間かけて実行したので、皆さまにお伝えします。

停電の模擬訓練

実施日:10月14日 午前11時 室温30度
実施場所:自宅台所
実施目的:昼食の料理

早速訓練を開始。停電になるとどんな事態になるか、それはおおよそ見当がつくが実際やってみないと分からない。そしてやはり想定外の事態に。その一部を次の一編の詩に書き留めてみた。

模擬訓練  奧田和子

本日 午前11時決行。模擬停電なり。
クーラーの使用を禁じ、台所に立つ。


にわかに 汗あふれ、顔面を覆い、眼球に侵入。
痛み耐え難し


さてはて、輪切り転じて乱切りに。
味付け転じて汗味に。

盛り付け転じて投げやりに。


体しなびてダイエット効果大なり。
いつしか、汗絶える。 
ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方