あなたは今、新型コロナウイルスという「生物災害」と必死に戦っていますが、地震や津波にも狙われていることをお忘れなく。例えば超大物の南海トラフ巨大地震、それに首都直下地震などです。2011年3月11日に体験した東日本大震災のような地震と津波の2つではなく、これからは新型コロナウイルスを加えた三つどもえの戦いになります。一刻も早く新型コロナウイルスへの対応を含めた防災・減災対策が求められます。

年間を通して、過去にはいろいろな災害が起こっています。過去の地震災害を思い起こしてみましょう。

東北地方太平洋沖地震:2011年3月11日
熊本地震      :2016年4月14日・16日
大阪北部地震    :2018年6月18日
北海道胆振東部地震 :2018年9月6日 などなど

さらに豪雨や台風による被害は、毎年のように起きていることは、改めて振り返るまでもありません。

ところで、こうした地震や津波などの災害では被災者はイラストのように避難所へ逃げ込みますが、新型コロナウイルスも一緒に人々についてきます。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方