シティセンターの上空からの眺め。人口44万人(2014年)、市の面積110平方キロメートル(写真:Shutterstock)

グリーンキャピタル・ブリストル

ブリストルは、イギリス西部に位置する都市です。市の面積は約110平方キロメートル。2014年の人口は44万人ですが、2037年には53万人に増えると予想されています。白人が人口の大多数を占めているものの、さまざまな民族・文化背景の人々が住んでいます。45の宗教と91の言語が話されています。11世紀の初めに現在の街が形作られたと言われています。2015年にはヨーロッパにおけるグリーンキャピタルに選ばれました。

ブリストルのレジリエンス戦略は、50年というタイムフレームを持っています。日々変わりゆく社会に適応していくために、アクションプランを細かく定めていくというよりも、どんなアクションにも共通するフレームワークを共有しようというのがレジリエンス戦略の特徴です。

ブリストルが抱えるチャレンジ

ブリストルのレジリエンス戦略では、ショックやストレスについての記述は詳細になく、箇条書きで書かれています。

<ショック>
・病気の拡散
・公秩序の乱れ
・テロ
・インフラの脆弱性
・工業事故、環境汚染
・国際イベント
・輸送事故
・洪水などの異常気象

<ストレス>
・交通渋滞
・インフラの老朽化
・気候変動
・環境劣化
・食料・燃料の供給
・水不足
・政治的リーダーシップの変化
・高齢化
・権限移譲

各課題に個別に対応するアクションプランを定めるのではなく、これらの課題を50年の時間軸でとらえた時にどのようなアプローチが必要なのかを考え、ブリストルでは、住民を中心とした5つのフレームを設定しました。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方