(出典:写真AC)

デジタルトランスフォーメーション(DX)。このところ、市場で多く聞かれるキーワードです。DXは、組織が保有するインフラ、情報そしてエコシステムをデジタル化していく流れで、数十年前からゆっくりと進んでいます。業務で利用する手入力の帳簿をデジタルデータにするところから始まり、現在ではITインフラの通信速度が向上したことで、データそのものが通貨のような価値を持ってやり取りされ、人とのコミュニケーションもデジタル化されてきています。このような変化を受け入れる組織は、主に以下の3つのことを、その価値として受け入れているといっても過言ではありません。

・急激に変化する(デジタル化)市場に対応して顧客満足度を向上させること
・(販売、購買業務などに関わる)オペレーションをテクノロジーで最適化してコストを削減すること
・データを活用して新たなビジネスモデルを創造すること

このDXは、組織間ならびに組織と個人(従業員や消費者)との間で、従来の関わりとは異なる変化をもたらしています。それはDXによるテクノロジーの利点を手に入れたとき、デジタルビジネス特有のリスクが発生するためです。そのようなデジタルリスクは、自然災害や病気などの健康問題といった物理的な世界のリスクに付随することもありますが、従来のリスクとは関係なく、DXによる組織の変革が、組織内に存在するリスクそのものを変化させる可能性があります。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方