前回の記事(リアルタイムアンケート)では、一時的に発熱症状があった社員がいつから出社可能かを皆さんにお尋ねしました。
一時的に発熱症状があった社員はいつから出社できますか?

計78件の回答をいただきましたが、集計結果では「3日目」が21%で最も高く、次いで「決めていない・わからない」が19%、次いで「翌日」と「14日以降」が18%と同率で続いています(3月25日夜時点)。

解熱後3日目から、というのは通常のインフルエンザと同じ基準を適用していると考えられます。翌日から、ということは、新型コロナウイルスの感染の疑いは排除し、あくまで通常の風邪や体調不良の範囲として考えるということでしょう。14日以降が多いことに驚きましたが、発熱の時点で、感染している可能性を考慮しての安全策をとっているということだと思います。

そこで皆さんに質問です。

皆さんの会社では、従業員の家族に一時的な発熱があった場合、報告を義務付けていますか? 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方