(イメージ:写真AC)

次の写真は閲覧注意のスクショです。「被災して大変なときにこんな人がいるなんて許せない」「絶望的不快感を感じる」という感想から、人によってはPTSDも心配されます。掲載は悩みましたが、こんな事が書き込まれるような社会はまずいのではという思いから掲載します。飛ばして読むなど注意して閲覧いただければと思います。

問題のスクショは、昨年(2019年)の10月12日、台風19号で避難所が開設されるという話題の時にTwitterに書かれていた内容だそうです。「こんなひどいことを言っている人がいる(激おこ!)」と、読者の方から教えていただきました。

こんな卑劣な人がいて、そして、それを公開のTwitterに書き込めるという状況に強い嫌悪感を覚えます。

とはいえ、現実問題として、避難所や避難場所では、性犯罪や性暴力も起こっています。残念ながら問題はこれを書き込んだ人だけにとどまらないのです。

内閣府の男女共同参画局が2020年5月に公開した「災害対応力を強化する女性の視点 男女共同参画視点からの防災・復興ガイドライン」には、過去の災害で、

●支援をする見返りとして性的な行為を要求される
●トイレなどが暗い場所にあり、そこで暴力を受ける
●見知らぬ男性が知らぬ間に隣にきて体を触る

という事例があったことが書かれています。

これは一例に過ぎません。以下も気分が悪くなる方もいる情報なので注意してみていただければと思いますが、東日本大震災「災害・復興時における女性と子どもへの暴力」に関する調査報告書 東日本大震災女性支援ネットワーク・調査チーム報告書 IIには、以下の事例が報告されています。

●避難所に更衣する場所がないので更衣室をダンボールで作ったところ上からのぞかれた。その更衣室を使うときは見張りを立てるようにした。(13〜16歳女子)
●避難所で成人男性からキスしてと言われた。トイレまでついてくる。着替えをのぞかれる。母親を含めて誰にも知られたくない。加害者が避難所にいられなくしてほしい。(6 〜12 歳女子)
●授乳しているのを男性にじっと見られる。警察に連絡したら巡回の回数が増やされた。その後、授乳スペースが設けられた。(30 代女性)

ここに掲載するのはためらわれる事例も書かれていますので各自でご確認いただければと思います。

性暴力が起こり得る避難所に対し、私たちはどうすればいいのでしょうか?

先のTwitterでは「男の子の格好で避難させよう」とか「派手な服で避難してはいけない」という趣旨のコメントとともに、「子どもがいたら避難所(避難場所)に行かない方がいい」というコメントもありました。

順番に検討してみます。

「男の子の格好で避難させよう」とか「派手な服で避難してはいけない」というコメントについては、以前も記事を書きました。

3.11と刑法改正前の今だから考えたい「災害と性暴力」
https://www.risktaisaku.com/articles/-/2472

被害者の服装と性暴力については、統計上の有意な因果関係がないといわれているものです(データによっては、学校の制服の被害件数は有意差ありとするものもあります)。内閣府の「災害対応力を強化する女性の視点 男女共同参画視点からの防災・復興ガイドライン」にも、

「性暴力は、若い女性だけでなく、高齢者や子供(男児を含む)、男性も被害に遭うことがわかっています」と指摘されています。

先のTwitterは女児を対象にしたものではありましたが、一般論として、男の子の格好をする、派手な格好をしないということはエビデンスがないことだと情報をアップデートしていただければと思います。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方