写真を拡大 バイタル情報と環境監視によって熱中症・転倒などの監視、センサー情報の可視化、異常の通知を行う

NTTアドバンステクノロジは、工場など現場の作業員が直面するさまざまなリスクを軽減する“スマホレス&リストバンド型”「作業員みまもりサービス」を提供する。リストバンド型のバイタルセンサーから取得するバイタル情報と、暑さ指数(WBGT)など作業環境に関するデータの監視を通じて熱中症・転倒などの監視を行い、クラウド上でデータを蓄積・分析してセンサー情報の可視化や異常の通知を行うもの。

工場・プラント・倉庫などの屋内や、土木工事・広い現場など屋外で利用でき、高温下・屋外作業での熱中症予防、大規模現場での作業員状況把握、危険箇所・夜間作業での早期異常発見を可能にする。

同サービスでは、作業員ごとのスマートフォン・回線が不要となるほか、バイタルセンサーと接続装置間の長距離通信を採用することで広範囲を少ないルータでカバーする。従来より少ない接続装置でネットワークを構築できることから、コストやメンテナンス面の改善にもつながる。

同サービスはクラウド形態での提供のほか、データをローカルに蓄積して処理するオンプレミス形態にも対応。また、中継機器などを固定設置するタイプとともに、屋外で毎日作業場所が変わる場合などに最適な「可搬型」も用意する。

そのほか、同サービスの本格導入前に小規模で試すことができる「トライアルセット」貸し出しの申し込みも受け付ける。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部