写真を拡大 (出典:FERMA / European Risk Manager Report 2020表紙より)

欧州リスクマネジメント協議会(Federation of European Risk Management Associations:略称 FERMA)(注1)はPwCの協力のもと、2020年6月29日に「European Risk Manager Report 2020」を発表した。これはFERMAの会員となっている組織などを通して実施したアンケート調査の結果をまとめたものである。この調査は2002年から隔年で行われており、今回が10回目となる。

調査はウェブ経由で匿名で行われ、34カ国における764人のリスクマネジャー(注2)から回答を得ている。回答者の内訳を見ると、西ヨーロッパからの回答が76%、しかもフランスからの回答だけで21%を占めており、かなり地理的に偏っているため、このような偏りがあることを踏まえて調査結果を読む必要がある。ちなみに英国(アイルランドを含む)からの回答は4%しかなく、本連載でこれまで紹介してきた調査報告書において、英国や米国に偏っているものが比較的多かったのとは対照的である。

また、調査は今年の1月から3月にかけて行われたため、新型コロナウイルスのパンデミックによる影響があまり反映されていないことにも注意が必要である。この点については本報告書の序文でも、「もし今日この調査を行ったら、その結果は異なる優先順位を示しただろう」と述べられている(注3)。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方