壁緩衝材・床マット・パーティションの3つの機能を兼ね備える

古河電気工業は、発泡ポリエチレン製の避難時用マットに抗ウイルス性能を付与した『スキルフリー 避難時用マットV』を販売する。同社が開発した化学架橋ポリエチレンフォーム「フォームエース」を使用した、断熱性・クッション性に優れ、保管スペースを必要としない製品に、新たに開発した抗ウイルス剤担持技術を組み合わせたもの。

ISO18184を参考にした抗ウイルス性試験では、摂氏25度で24時間静置した平板試験片を使用し、24時間で初期値から99%以上のインフルエンザウイルス(A型H1N1)抑制を確認した。

壁緩衝材としての使用では、特別な工具を使わず、簡単に壁へ取り付けられる。複数枚を重ねて設置でき、着脱も容易。床マットとしての使用では、マット表面に施した凹凸加工が高いクッション性を発揮。発泡ポリエチレン製による優れた断熱性で、床の冷たさを緩和するほか、独立気泡構造で吸水しないため、水などをこぼしてもすぐに拭き取れる。

パーティションとしての使用でも、特別な工具は不要。1区画あたり1分ほどで簡単に組み立てられる。同製品を活用したゾーニングを行うことで、飛沫によるウイルス感染拡大の防止につなげられる。

製品サイズは、1800×880×30ミリメートル(たたみ1畳とほぼ同じ大きさ)。重さは約1.2キログラム/枚。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部