インタビュー ニュートン・コンサルティング株式会社取締役副社長 勝俣良介氏

地震、豪雨など自然災害に加え、社員の不祥事、個人情報の漏えい、品質不良など、企業をとりまくリスクは多い。企業全体でリスクを捉え、包括的な管理体制を 敷く全社的リスクマネジメント(ERM)が改めて注目を集めている。ERMに取り組む上で、把握しておくべきポイントは何か。ヤフーのERM構築をサポー トし、本誌でも「簡単に理解できるERM講座」を連載しているニュートン・コンサルティングの勝俣良介氏に聞いた。

Q1.なぜ、全社的リスクマネジメント(ERM)に取り組む必要があるのでしょうか?
それは、「企業はなぜ売り上げ目標を立て、達成計画を作り、実行し、見直しをするのでしょう?」という問いかけをするのと一緒です。文字通り、社員一人ひと りに関わる活動であり、全社的に行う活動だからです。何十人、何百人、何千人からなる組織において、みんなが同じ方向に向かって走り、目標を効果的・効率 的に達成するためには、どうしても体系的なアプローチが必要になります。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方