各拠点の気候が2100年までにどのように変化するのかを分析する

ウェザーニューズは、企業向けに気候変動のリスクを分析するサービス「Climate Impact」を提供する。オフィス、工場、店舗などの拠点に特化した気候変動シナリオ分析とリスク評価を行い、気候変動によるビジネスへの影響を評価するもの。

気候変動シナリオ分析では、同社のサービスノウハウと独自の解析技術を活用し、企業の拠点ごとに中長期の気候変動の影響分析が可能。2100年までに各拠点の気候がどのように変化するのかを分析する。

リスク評価では、過去に発生した災害の事例分析で得られた気象の基準をもとに、大雨による自然災害や、気温上昇による生活への影響、農作物の収量など、気候変動によるリスクを評価する。

同社は同サービスの提供を通して、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)賛同企業に対し、気候変動の影響による事業リスクや機会の把握、気候変動への緩和策・適応策の推進を支援していく。 

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部