横河電機が開発したシリコン振動式センサを採用し、高精度で長期安定した水位計測が可能

産業用IoTサービスを提供するアムニモは、無線水位計、通信、クラウドのオールインワンパッケージを初期費用不要の月額料金で利用できる「簡易無線水位計測サービス」を提供する。

同サービスは、バッテリー駆動の無線水位計を使用するため、電源工事が不要で設置が簡単。設置後は、電源スイッチを入れるだけで、すぐに水位データを閲覧できる。水位センサ部には、横河電機が独自に開発したシリコン振動式センサを採用し、高精度(測定精度±10ミリメートル)かつ長期に安定した水位計測が可能。メンテナンス頻度も低減できる。

同サービスは、ため池の管理や工場での水害の事前予測や事前対策、地下街や地下鉄の防災など、幅広いシーンで手軽に利用可能。短期利用も可能であるため、周辺地域への安全管理が課題となっている河川や水路の工事現場での一時的な利用にも対応する。運用監視とセキュリティもサービスに含まれる。

月額利用料金(無線水位計1台、通信費、クラウド使用料)は、3カ月契約の場合が6万円(合計18万円)、6カ月契約が4万8000円(合計28万8000円)、12カ月契約が3万8000円(合計45万6000円)、24カ月契約が3万円(合計72万円)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部