新鮮な水を停滞させずに貯水し、災害時は足踏みポンプ等で酸素に触れることなく取水できる

アクアリザーブは、断水を伴う災害発生時に飲用水、衛生水、生活水の供給が可能な大容量貯水タンクシステム『マルチアクア』の新商品となる『マルチアクアS1/S2』を販売する。従来型を軽量化し、作業性を向上させたもので、シンプルな構造によってコストダウンした汎用性の高い製品として展開する。

『マルチアクア』は、水道直結型の貯水タンクで常に新鮮な水を停滞させずに貯水し、災害時は足踏みポンプ等で取水できる防災商品。これまで、一般住宅への設置のほか、帰宅困難者受入れ施設、企業のBCP対策で活用されている。

新型の『S1/S2』は、住宅の床下設置専用で、床下収納庫、点検口から出し入れできるため、新築のほか、リフォームにも対応する。水が摂氏マイナス3度で12時間停滞しても凍結しないほか、台風、河川の氾濫による床上浸水でも貯水した水が汚れないといったメリットを備える。貯水容量は、S1が36リットル、S2が60リットル。家族4人の場合、S1なら3日間、S2なら5日間の飲料水が供給できる。

サイズは、S1が幅242×長さ850×高さ310ミリメートル、S2が幅268×長さ1150×高さ335ミリメートル。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部