5段階の熱中症警戒レベルをイラストとアラームで知らせる

健康総合企業のタニタは、熱中症対策と日焼け対策を1台で行える黒球式熱中アラーム「TC-210」日焼けアラーム機能付きを販売する。熱中症の危険度を示す指標である暑さ指数(WBGT)を計測・表示するとともに、日焼けが始まるまでの時間をアラームで知らせる機能を備えたもの。日焼けまでの時間の目安が分かることで、適切な日焼け対策が可能となる。

同商品は、屋内外を問わずリアルタイムで暑さ指数を算出し、5段階の熱中症警戒レベル(ほぼ安全、注意、警戒、厳重警戒、危険)をイラストとアラームで知らせる。また、同社の熱中症指数計としては初めて、日焼けアラーム機能を搭載。独自のアルゴリズムにより黒球温度と乾球温度の差から紫外線量を予測し、日焼けが始まる(皮膚が紫外線の影響で赤くなる直前)までの時間をカウントダウンして知らせる。

同商品の大きさは、幅58×高さ108×奥行36ミリメートル。重さは約65グラム(電池、つり下げ用アタッチメント、カラビナを含む)。価格は5500円(税込)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部