酷暑下の熱ストレスなどの健康リスクを適切に把握し、労働災害の未然防止に対応する

日立ソリューションズは、IoT機器を活用し、作業員の生体情報や位置情報、気象情報を取得・分析し、安全管理を支援するクラウドサービス「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」を提供する。第1弾の対応IoT機器として、村田製作所と協創した「作業者安全モニタリングシステム」のヘルメット型センサーデバイスと連携する。

新サービスは、建設業や製造業における労働人口の減少や作業者の高齢化、厳しい夏の暑さに伴う体調不良の危険性といった課題に対し、安全衛生管理部門や現場の管理者が作業員の状況をタイムリーに把握し、適切な安全対策を行えるように開発したもの。

複数のセンサーから取得した生体情報や気象センサー情報、位置情報、転倒・落下のリスク情報などをクラウド上に集約し、新たな視点で分析することで、適切な安全対策を可能にする。職種、所属、作業現場、時間などの作業員の属性項目をグラフや地図に適用し、傾向や特徴をダッシュボード上で可視化。作業員の状態を継続してモニタリングし、労働災害が起きやすい時間を分析することで、安全点検や作業計画の策定、職種ごとの作業負荷の分析が可能になる。

第1弾として連携する「作業者安全モニタリングシステム」は、ヘルメットに装着可能なセンサーデバイスにより、作業者の生体情報と周囲の環境情報を計測し、現場監督者や事務所スタッフが作業者の安全を遠隔から確認できるもの。熱ストレスと転倒・落下を判定し、指定の連絡先にアラート通知を行うことができる。

「労働安全衛生 作業員活動支援サービス」の提供価格は個別見積となる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部