日常から医療・災害時対応まで、さまざまな用途で活用できる

三進金属工業は、小径の材木で簡単に組立・解体・移設ができる木質ユニット「つな木」の第1弾として、"もしも"の時に医療用や避難所用のブースに適した空間に組み換えができる「もしもつな木キット」を販売する。誰でも30分程度で簡単に組み立てられるユニットで、普段の生活からイベントや非常事態など、必要に合わせた空間を自分たちで作ることができる。

「つな木」は、日建設計の木質・木造の開発研究を行うチームNikken Wood Labが、日本の森林保全に欠かせない木材活用の促進を目的に開発。45ミリメートル角の一般流通無垢材と、クランプ(接合部材)、移動用の車輪で構成される基本ユニットで、部材を組み合わせることで、デスク、棚、ベンチやプランタなど自在に形を変えられる。難しい加工や重量物を扱う作業もなく、簡単に組み立てられる。

「もしもつな木キット」は、45ミリメートル角の木材23本(2.8メートル×9本、2.1メートル×12本、0.5メートル×2本)と37個のクランプ、6個のキャスター、天井の膜材1枚で構成され、基本形となるオープンブースに必要なパーツを組み合わせ、意図した空間を簡単につくることができる。

価格は、26万590円〜(オープンキット参考価格、税込、組立運送費別)。納期は受注後30日。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部