サプライチェーンをツリーで管理し、サプライチェーン全体を可視化する(イメージ)

防災テックカンパニーのResilireは、BCM/サプライチェーンリスク管理をDX化する、オールインワンのリスクマネジメントプラットフォーム「Resilire(レジリア)」を提供する。「サプライヤーを把握できていない」、「サプライチェーンの被災状況の把握が困難」といった企業の課題に対応し、SCRM、BCM、被災状況の把握、緊急時の情報整理・意思決定までを担うもの。

同サービスでは、アカウントを優先度で振り分け、サプライチェーンをツリー状で管理する。災害などによってサプライヤーに異常が見られた場合には色が変化し、緊急時対応を促す。取引先や社内の他部門だけでなく、原料調達先までのサプライチェーン全体を可視化できる。

また、シンプルで分かりやすいマップUIを使用し、気象庁などの情報から地震、火災氾濫、停電などの被災状況を自動でマッピングする。これにより、被災影響のある拠点やサプライヤーの把握が可能となるほか、重要な拠点やサプライチェーンなどをマップ上でピン挿しし、被災の可能性のある場所をリスト化できる。

さらに、サプライヤーや拠点担当者への連絡・通知が簡単に行える。マップで導き出した被災影響の可能性のある拠点やサプライヤーだけにメールを送れるほか、地域ごとや個別でのメールも可能。回答はクラウドで集約できるため、すぐに全体像を掴むことができる。

同サービスの利用料金は、初期導入費用(初期設定、操作説明)が30万円、基本サービス利用費(発行元ID=5ID、取引先配布ID=30ID)が月額30万円。発注元IDの追加料(月額)は10IDあたり6万円、50IDあたり25万円。取引先配布IDの追加料(同)は、50IDあたり7万円、100IDあたり12万円、500IDあたり50万円。原則1年契約となる。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部