精度の高いバリアフリー情報とお役立ち機能を一つに集約

凸版印刷と、特例子会社で障がい者雇用の促進を目的として設立された東京都プリプレス・トッパン(TPT)は、車いす利用者自らが制作するバリアフリーマップや、緊急連絡先情報、バリアフリーに対応した情報などの外出時に役立つ情報をまとめたバリアフリー情報サイト「らくゆく」を展開する。

これまで車いす利用者が外出時に直面していた「車いすで通れる道がわからない」「車いすで利用できるトイレが見つからない」といったアクシデントや、既存の情報サイトでは欲しい情報が別々のサイトに存在するといった課題に対応し、精度の高いバリアフリー情報とお役立ち機能を一つに集約させ、毎日を楽しむ在宅・外出支援サービスとして提供する。

「らくゆく」のバリアフリーマップでは、TPTの社員を中心とした車いす利用者自らが実際に現地に行って調査した情報を掲載。車いす利用者が移動しやすい目的地までのルート、ルート上の段差や傾斜といった路面情報や、多目的トイレの位置情報や内部写真など、ニーズの高い情報をきめ細かに提供する。サービス提供範囲は浅草と秋葉原の2エリアからスタートする。

また、同サイトでは、車いすでの外出時に発生する「車いすがパンクした」「車いすで利用できるタクシーがつかまらない」といったアクシデントに対応し、「パンク修理できる近くの店を探す」「車いすで利用できるタクシーを呼ぶ」「近くの病院を探す」「近くの災害時避難場所を探す」などの「緊急連絡ボタン」を実装する。

そのほか、サイト内のコンテンツ「RAKUYUKU STYLE」では、車いす利用者目線のライフスタイルや観光・イベント情報、外出時の着こなしまで、幅広いカテゴリーでの役立つ情報を発信する。今後、在宅時に使えるコンテンツとして、観光地を360度動画で楽しむことができ、外出気分を満喫できる「オンラインツアー」なども追加していく予定。同サイトの利用料は無料。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部