※リスク対策.PRO会員で、かつ「ZOOM」を使える人に限り、参加可能です。リスク対策.PRO 会員加入後にお申込みください。

新型コロナウイルスによるパンデミックが始まってから2年半が過ぎようとしています。この間、企業では在宅勤務が一気に加速し、働き方は大きく変わりました。他方で、勤怠管理の在り方や、従業員や家族に感染者・濃厚接触者が出た際の対応、ワクチン接種への対応、さらに感染者が出た際の公表の在り方などについては対応に苦慮された企業も多かったように思います。そこで、本セミナーでは、企業のコロナへの対応を法的側面から振り返り、次の大規模災害、あるいは新たな感染症の拡大時に向け、どのような対策が必要なのかを考えます。

当日は、グループワークショップで各組織における課題を振り返り、その上で講師から法的な側面からのアドバイスをいただきます。カメラ・マイクを使って議論に参加できる方のみ、ご参加ください。

■進め方
1、感染症対応で考えるべき法的検討事項(約30分)
2、グループワークショップでの課題振り返り(約30分)
3、グループ発表+講師からの対策アドバイス(1時間)

4、まとめ

 

開催概要

◆日時:2022年7月20日(水)
    15:00~17:00※延長あり(配信開始 14:45~)

◆主催:リスク対策.com(株式会社新建新聞社)
◆定員:50人程度
◆参加費:
リスク対策.PRO会員限定 無料

プログラム

※14:45から会場からの映像配信を開始する予定です。
 通信状況などをご確認ください。

14:45 開始

【講師】

丸の内総合法律事務所弁護士 
中野明安氏

 

 

 

 

 

 

【プロフィール】
1991年 弁護士登録(第二東京弁護士会)丸の内総合法律事務所入所。2009年~2016年日本弁護士連合会災害復興支援委員会委員長。(株)オリエンタルランド、新日鉄住金ソリューションズ(株)社外監査役、東京都新型インフルエンザ等対策有識者会議委員(社会機能部会委員)、日本渡航医学会新型インフルエンザガイドライン改訂版作成ワーキンググループ委員、トラベラーズワクチンフォーラム研修会企画委員会委員(現任)、日本渡航医学会産業保健委員会委員(現任)、ちば医経塾病院経営スペシャリスト養成プログラム講師(現任)等歴任。弁護士業務としては会社法、労働法、企業における災害対策、安全配慮義務、リスクマネジメントを含む企業法務全般を業務範囲とする。

■進め方
1、感染症対応で考えるべき法的検討事項(約30分)
2、グループワークショップでの課題振り返り(約30分)
3、グループ発表+講師からの対策アドバイス(1時間)
4、まとめ

終了    17:00 


※プログラム・タイムスケジュールおよび講師は、都合により変更になる可能性があります。

【個人情報の取り扱いについて】 株式会社新建新聞社(以下「弊社」と表現します)は、セミナーに申し込まれた際に、お客様からご登録いただく個人情報を、以下に掲げる内容と弊社プライバシーポリシー(https://www.shinkenpress.co.jp/privacy-policy)に基づき適切に取り扱います。


〔本セミナーに関するお問い合わせ〕
新建新聞社 リスク対策.com セミナー運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麴町ビル7F
TEL03-3556-5525   E-mail: risk-t@shinkenpress.co.jp