非常用ニーズに特化した小型発電機で低コストを実現する

東京ガスエンジニアリングソリューションズは、YGK通商と共同開発した、都市ガス・LPガス切り替え対応可能な小型防災用発電機「G-Sketto(ジースケット)」を販売する。これまで設置スペースや管理者不在などの理由で防災用発電設備を設置できなかった施設等でも導入しやすくするため、シンプル設計をコンセプトに開発したもの。

同製品は、停電時も燃料切れの心配なく電気を使用できる都市ガス仕様の小型防災用発電設備で、新開発のマルチ燃料対応ミキサーにより、燃料バルブ操作のみでLPガスに切り替えられる。始動時間は停電から負荷投入まで40秒以内。連続運転時間は72時間以上。停電・復電を検知して自動で発電、停止する機能を搭載するほか、オプションとして遠隔監視、遠隔発停に対応することで、設備管理者等の常駐を不要とした。

同製品は、外形寸法が幅774×1095×450ミリメートル、乾燥重量が250キログラム以下と軽量コンパクトな設計のため、建物近傍の空きスペースや屋上に設置可能。避難所・公共施設・医療施設での照明・充電等の非常電源や、コンビニ・飲食店・集合住宅等での給水ポンプ・冷凍冷蔵庫用等の用途での活用を提案する。

定格出力電力は3.0キロボルトアンペア。定格出力電圧は単相100ボルト/200ボルト、三相200ボルト。定格出力電流は単相30アンペア/15アンペア、三相15アンペア。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部