梱包材に特殊な断熱材を使用し、夏場の高温の環境下でも温度の上昇を抑えて品質の劣化を防ぐ

尾西食品は、豪雨・豪雪などによる渋滞をはじめ、車中での長時間滞在が必要となる自動車運転中の災害への備えとして、非常食・水・携帯トイレをセットにした「尾西の車載用防災ボックス」を販売する。開発にあたって協力を受けたネッツトヨタ神戸の各店舗で販売をスタートし、取り扱い先の拡大を検討する。

同商品は、夏場の高温の環境下でも温度の上昇を抑え、品質の劣化を防ぐことができるよう、包装材に特殊な断熱材を使用。また、車内のトランク内、フリースペース等に納まるようにコンパクトなサイズで提供する。賞味期限は3年。水で戻して食べられるアルファ米とライスクッキーは、アレルギー物質(特定原材料等)28品目不使用となっている。

内容は、「尾西のきのこごはん」(100グラム)×1袋、「携帯おにぎり わかめ」(42グラム)×2袋、「携帯おにぎり 昆布」(42グラム)×2袋、「尾西のライスクッキーいちご味」(8枚入)×1箱、「保存水 富士ミネラルウォーター」(500ミリリットル)×2本、「携帯トイレ」(2回分)×1袋。

商品サイズは、長辺289×短辺239×高さ120ミリメートル。重量は2.5キログラム。希望小売価格はオープン価格。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部