BCPはカスタマーセンターみたいに、取引先に安心感を与えます

■経営者にとっての目の上のたんこぶ

社長や経営者にとってコストは常に目の上のたんこぶである。一般従業員の場合、売上が増えたり業績が伸びたりすれば素直に喜ぶだろうけど社長や経営者はそうはいかない。「その売上はいったいいくらのコストがかかり、いくらの儲けが出ているのだ?」と。

利潤を追求するための日々の事業活動ですらこのようなものである。ましてやBCPのように、どこから見ても何も利益に貢献しない活動となれば、なんの魅力も価値も見いだせないと映るだろう。BCPに後ろ向きな経営者がBCPの策定および維持管理の過程で発生するに違いないと思いこんでいるコストは、例えば次のようなものである。

・BCPの策定を指導するコンサルタントへの報酬
・防災・減災対策(非常時備蓄品の購入なども含む)
・BCPの策定に関わることで失われる生産性(≒人件費の浪費)
・BCM(事業継続管理)のための人材育成

確かに原則論でいえば、これらは事業継続体制を社内に定着させるための必須要件だろう。しかし本当に必要なコストと言えるのは2つ目の「防災・減災対策」の支出ぐらいのものだ。ともあれ、BCPを取り巻く一連の活動は典型的な「コストセンター」とみなされることが多い。コストセンターとは直接利益を生まない事業部門のことである。全体業務に占める割合の小さいBCPやBCMの活動をセンターや部門と呼ぶには少し無理があるが、ここでは例え話としてとらえていただきたい。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方