非常事態に人が集まらない理由は何か(写真:写真AC)

■いつも社員がそこにいるとは限らない

「BCPはプラン通りには機能しない」。そう考える企業担当者は少なくない。理由はさまざまだが、多いのが「実際の現場で必要な人員を確保できない」といった問題が起こるためである。

「実際の現場」にはいろいろなレベル、シチュエーションが考えられる。例えば危機対策メンバー10名のうち4名が出社できない状況にある、顧客からの問い合わせに回答できる営業社員が一人も出社していない、代替生産の出向先に派遣できる社員が不足している、といったことだ。

なぜこうした問題が起こるのだろうか。災害は非日常的事態なのだから起こってあたり前と割り切ることもできるが、その原因を知っているかいないかでは、対策のリアリティーに大きな差が出る。今回は、人員の招集がスムーズに進まない原因と解決のヒントについて「被災による影響」と「社会的背景や理由」の2点から考えてみよう。

いずれも実際に問題が起こってから事後的に対応しようとしても手遅れなので、事前に検討し、きちんと対策を講じておくことが肝要である(問題の予防策は次回のテーマとする)。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方