東京医科大学病院渡航者医療センター部長/東京医科大学教授
濱田篤郎氏

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。2月10日時点で中国国内の感染者は4万人超、死亡者は900人を超え、2003年のSARSを上まわった。WHO(世界保健機関)は緊急事態を宣言し、日本政府も水際対策に躍起。乗客に感染者がみつかった大型クルーズ船は現在なお停泊中だ。いま何が起きているのか、これからどうなるのか。東京医科大学病院渡航者医療センター部長で東京医科大学教授の濱田篤郎氏は「局面は次のフェーズへと移行しつつある」と説く。※インタビュー本文は2月6日取材時点の情報にもとづいています。

感染力・致死率ともインフルエンザ並みに

Q1 新型コロナウイルスの感染はいまどのような状況になっているのですか?

厚生労働省の発表をもとに作成(2月10日時点)

昨年12月、動物から人へ感染が始まった当初はほとんどのケースが重症でした。12月いっぱいはそれほど広がっていなかったと思われますが、1月にはすでに人から人へうつるようになっていたと考えられます。

最初は呼吸器の下の方に感染し、肺炎を起こしたりするウイルスでしたが、その後、呼吸器の上の方に感染するようになってきたようです。つまり鼻水や咳の症状がメインになってきた。ウイルスにある程度の変化があったのかもしれません。

肺炎の場合、咳をしてもなかなかウイルスは出てきません。しかし普通の風邪と変わりない症状になると、咳やくしゃみでよく飛び散るわけです。結果、感染しやすくなる。また重症な肺炎は寝ていないといけませんが、症状が軽いと結構動きまわる。それが感染力に拍車をかけたのではないかと思います。

厚生労働省の資料をもとに作成(2月10日時点)

実際、感染者数は1月に入ってから急増し、中国では湖北省を中心に2万8000人くらい(2月6日時点)。実際はその10倍くらいはいるのではないかといわれています。死亡者は500数10人(同)、うち95%が湖北省、武漢ですね※。

湖北省は封鎖されているうえ、もともと医療インフラが整っている場所ではありません。患者が激増し、外にも出られず、かつ医療インフラがよくないとなると、医療を受けようにも受けられない。崩壊状態に近いと思います。

逆にいうと中国のほかの都市、また日本を含むほかの国で亡くなる方の割合は0.1%~0.2%。これは毎年流行する季節性インフルエンザと変わりません。

こうした状況からいえることは、いまのウイルスの状態は、感染力は結構高い。インフルエンザ並みで、1人から3人程度にかかるくらいでしょう。一方重症度という点では、致死率はそれほど高くない。普通の医療が受けられる場所で発病したのであれば、こちらもインフルエンザ並みで、風邪のような症状で終わることが多いか、あるいは無症状で過ごしてしまう人もいる。それがいまの状況です。

※2月10日時点で感染者は4万人超、死亡者は900人超となっている

Q2 無症状または潜伏期間中の人から知らずに感染が広がるおそれはありますか?

ウイルスが広がるメカニズムは、もちろん感染者からうつるのですが、飛沫感染と接触感染が主なルートになります。飛沫感染は、咳やくしゃみをしたとき唾や鼻水にウイルスが入っていて、それを周囲の人が吸い込むわけですね。

しかし実際は、飛んできたウイルスを直接吸い込むことはあまり多くありません。むしろ多いのは、飛び散ったウイルスが机などにくっつく、それを手で触り、鼻や口に運んで、気道に入るという感染経路です。

確かに、無症状であってもウイルスを持っている人はいると思います。しかし無症状だったり、潜伏期間中だったりする場合は、それほど積極的にウイルスを飛び散らせない。やはり発症して咳やくしゃみをしたときに飛び散るわけですから、風邪や肺炎の症状がある人から飛沫感染、接触感染すると考えるのがよいと思います。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方