新型ウイルス肺炎が世界に拡大 感染が深刻な中国(写真:新華社/アフロ)

■今、中国で何が起きているのか?

今回は、やはり中国に居住する者として、新型コロナウイルス騒動によって現地で何が起きているかを皆さんにお伝えするべきだろうと思い筆をとりました。

もちろん、このコラムの目的である「チャイナ・リスク対策」という観点で考察すべきことでありましょうから、まず中国に進出している日系企業が今回のウイルス発生のリスクをしっかり予測していたのかどうか、そしてしっかり対策がとれているかどうかについて触れてみたいと思います。

結論から先に申し上げます。多くの日系企業は「今回の騒動を想定できていなかった」というのが現実です。想定していないのですから、当然、その対策はおざなりにならざるを得ません。現地の日本人駐在員は右往左往する以外に方法がないのです。責任者と呼ばれる方々でさえ、しっかりとした情報をとらえることができず、刻々と変化するさまざまな状況に翻弄されているのが今まさにこちらで起きている現象です。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方