写真を拡大 (出典:Marsh/Political Risk Map 2020)

世界の損害保険業界各社では、それぞれさまざまな形でリスクに関するデータや情報を蓄積しており、それらを元に作成した報告書やデータベースを発表している(注1)。今回紹介させていただくのも同様に大手保険ブローカーのMarshが2020年3月に発表したものである。

報告書のタイトルが「Political Risk Map」となっているものの、内容は政治的リスクにとどまらず、いわゆる地政学的リスク(geopolitical risk)の範疇(はんちゅう)となるような観点も含まれている。また副題に「Trade Tensions Threaten Political Stability」(政治的安定を危険にさらす貿易的緊張)と書かれている通り、本報告書においては貿易摩擦が地政学的リスクに与える影響が特に注目されている。

なお、本報告書の日本語版がMarshの日本法人であるマーシュ ジャパン(株)の Webサイトで公開されている(注2)。従って実は本稿を読むのをやめてマーシュ ジャパン(株)による日本語訳を読んだ方が本報告書の内容を早く理解できるかもしれないが、日本語訳されていない情報も一部あるので、引き続き説明を続けさせていただく。

本稿のトップに掲載した図は各国・地域ごとのリスクを総合的に評価した結果である「Country/Region Risk Index」を色分けして示したものである。レイアウトの都合上、図が小さくなってしまって見にくいと思われるので、詳しく知りたい方は本稿の最後に記載した「報告書本文の入手先」にアクセスしてオリジナルの方をご参照いただきたい。濃いめの緑色の部分(グリーンランドやスウェーデン、ノルウェーが該当)が最も安定(Stable)、赤色の部分が最も不安定(Unstable)と評価された国・地域である。

上に掲載した図は本報告書のPDF版から引用させていただいたが、Webサイトでは図の表示を次の4種類に切り替えられるようになっている。

- Country/Region Risk Index(総合的な国・地域ごとのリスク指標)
- Political Risk Index(政治的リスク指標)
- Operational Risk Index(オペレーショナル・リスク指標)
- Economic Risk Index(経済的リスク指標)

各国の政治的リスク指標

図1はこれらのうち、政治的リスク指標を表示した結果である。Webサイトのレイアウトの都合上、図1にはアメリカ大陸が含まれていないが、実際には右側にスクロールすれば南北アメリカ大陸も表示されるうようになっている。

写真を拡大 図1. 政治的リスク指標(Political Risk Index)の評価結果(出典:Marsh / Political Risk Map 2020)

さらに、Webサイトでは地図上でクリックすると、その国・地域に関する情報がポップアップされて表示されるようになっている(注3)。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方